太陽光発電の価格の推移

太陽光発電は発売された当初と比較すると、非常に価格が低下しているといえます。
2009年に一時的に中止されていた太陽光発電の補助金制度が復活しました。
当時太陽光発電の1kwあたりの価格は約60万円前後でしたが、地球環境やエコロジーに対しての発想が根付いてきたことによって導入される家庭や企業が増えたことによって、2011年度は50万円代の半ばまで値下りをしています。
この流れはとまることがなく、2012年度の平均価格としては48万円前後まで価格が低下してきている事実が存在しています。
これにあわせて補助金の申請条件も値下がりをしており、2012年度の太陽光発電補助金制度の申請するときに太陽光発電の1kwの価格が55万円以下であることが絶対的な条件となっていますから、すでに2011年度の平均価格では補助金がおりなくなってきているために、太陽光発電の価格低下が進行している状況はまだしばらく続く状況にあると言えるでしょう。
ではなぜ、価格低下が進んできたのでしょうか。
もちろん補助金申請の上限が下がったことも何よりの原因ですがそればかりではなく、パネルを作る技術の進歩や、材料コストなどの面が変化してきたことも存在しています。
そのため、販売当初から比較すると大変低価格で魅力的なパネルが誕生しているといえますので、購入する前には最新の見積もりを取り入れておくことが一般的な方法と言えます。
高効率のパネルを作り上げた技術力の進歩により、手に入りやすい価格で活用されるようになったことを大きな要因として、更に補助金の上限が低下する可能性もあります。
また、昔と同じ容量のパネルで、更に電気を作る量が大きいということに気づかされることがわかります。
能力アップに伴い、今までよりも更に大きい容量で薄型のものが多数存在しているので、大変効率よく電気を作ることができ、価格も値下がりしているのは事実だといえます。
国内外の工場によって、今までよりも更に電力を大きく作ることが可能となっています。