香川で太陽光発電目指します

結婚して北海道に移り住んだ姉夫婦、昨年秋に太陽光発電の家にリフォームしたと知らされました。
年賀状を見て、ビックリしたのです。
早速電話したみたのです。
何でも北海道の電力会社、原子力発電が止まっていると言うことで、この冬、全道の人に7%の電力節約をお願いしていると言うのです。
そしてまた、近々電気料金のお願いもある言うのでした。
踏んだりけったりと姉は言うのです。
電気は来ない、料金は上がる。
絶対原子力発電を動かしたい、嫌がらせと言うのです。
北海道民を馬鹿にしていると怒っていました。
私が不思議に思ったのが、雪の多い北海道で太陽光発電が大丈夫なのかということです。
そこは、過去の実績を調べた結果、全然問題ないと言うことらしいのです。
さすがに真冬の時期は、売電など出来ない時期もあると言うのです。
(今時期と言っていました)
ですが、秋には十分な電気を確保でき、売電も可能と言うのです。
夏は、十分期待出来るとも言うのです。
梅雨がない北海道、意外と適しているようです。
そんな話を夫にしたところ、夫も以前から気になっていたと言うのです。
私たちの住む香川県は、日照時間も十分長いのです。
他の県より長いと言うことは、太陽光発電にむいているのです。
そこでこの春、我が家もリフォームを考えていましたので、一緒に太陽光発電の設置に向けることにしたのです。
そして太陽光発電に切り替えることで、環境にやさしいエコな生活を送るようにしたいと思っています。