太陽光発電導入には国から補助があります

最近、環境に優しいクリーンエネルギーとして、太陽光発電が注目を集めています。
太陽光発電は電気の生成過程において二酸化炭素をはじめ、その他有害な物質を排出することがありません。
また、一般家庭でも太陽光発電用のパネルを設置するだけで、簡単に発電を行うことが可能です。
国は太陽光発電の普及のために補助金制度を設けています。
指定された太陽光発電のための設備を使用することが条件で、太陽電池モジュール(光を受けるパネル)の公称最大出力1kw当たり3,5万円(1kw当たりの補助対象経費3,5万円を超えて47,5万円以下)もしくは3万円(kw当たりの補助対象経費47,5万円を超えて55万円以下)の補助金を受けることが可能です。
補助対象経費に含まれるものは、太陽電池モジュール、架台、パワーコンディショナ、その他の付属機器、配線工事に関わる費用です。
個人住宅に太陽光発電を設置しようとする人は誰でも申請ができ、応募期間は2013年3月29日までとなっています。
それ以降は、金額等変更がありえます。
電気を買い取ってくれる制度もあるので電気を使うだけではなく、余った電気を売って収入を手にすることも可能ですよ。