家庭で使用される電気が自分で賄えたなら

太陽光発電は今世界各国でその導入が推奨されている
自然エネルギーを利用した発電方法です。
太陽光は永久に供給されますので、
石油と違いエネルギー源の枯渇の心配もなく
且つ発電に際しては温室効果ガスであるCO2を全く排出しないことから
環境にやさしいという意味で注目を集めています。
現在市販されている太陽光発電システムは主にシリコンを材料としたものですので、
太陽光発電システムは各社様々なものを販売していますが、
外見がよく似ているのはそのためです。
現在では国を挙げて新たな太陽光発電システムや、
より高効率なものを研究しておりますので、
今後研究開発がさらに進めば様々な種類の太陽光発電が登場するものと考えられます。
特に現在日本では脱原発や地球温暖化対策の一環として
太陽光発電の設置が急速に進んでいるのが現状です。
香川県においても高松市の高松港に大規模太陽光発電施設(メガソーラー発電所)が
建設され、すでに稼働しております。
この大規模とはいえこの発電所では一般家庭が年間に使う電力の300世帯分が
発電することができるのが現状です。
今後このような大規模太陽光発電施設がどんどん作られることだとは思いますが、
太陽光発電は建物の屋根にも取り付けることができますので、
各ご家庭がご自身で使用される電気を、自宅の屋根で発電するようになれば
その規模は膨大なものになります。
電力は通常電力会社から送られる場合、
送電線によって供給されますが、
電気の場合には送電線を流れる間にかなりの電力が失われてしまいますので、
結果的に家庭に届くのはほんの一部になっているのが現状です。
一方でご家庭の屋根で発電を行った場合には
その電力のほとんどを家庭で使用することができますので、
かなり高効率といえます。
現在、家庭用の太陽光発電設備の設置に関しては
国を挙げて支援を行っています。
高松市に在住の方で太陽光発電装置を新しく設置される方は、
国と県と市の3ヶ所から設置費用の一部を助成してもらうことができます。
そのため、太陽光発電を設置検討されている方は
今がチャンスかもしれません。